TRIP

【群馬県】Da-iCE和田颯のハヤペディアで巡ったスポットまとめ。

こんにちは!motto編集部のオオウ(@ounco_coverdeath)です!さて、今回は本誌「motto」でも大人気の連載、『「Da-iCE和田颯のハヤペディア」で紹介してきたスポット』をまとめました!群馬県伊勢崎市出身の颯くんとともに、群馬の魅力を広めていくこちらの企画。嬉しいことに聖地巡りをしてくれる読者さんも多く、せっかくなら誌面で紹介しきれなかった情報も盛り込んだ記事にもしているのでぜひ読んでいただけたらなと!

1. 映えるカフェからラーメン店まで巡るグルメ編

ipe=anro(イペ=アンロー)|高崎市
「群馬のラーメン巡り」で訪れ、まぜスパを紹介しました。太麺のスパゲッティを使用し、ジャンキーなまぜそばさながらのビジュアルながら女性でもペロリと平らげられてしまうような味が特徴。店内はネオン管が映えるお洒落な空間なのも女性ウケが良い理由です。
[所在地]高崎市問屋町2-7ビエント高崎1F
[営業時間]11:00〜23:00
[定休日]水曜
[掲載号]vol.31(2023年5月25日)

どこを切り取っても映える!アンティーク家具に囲まれたお洒落カフェ。

Laithai(ライタイ)|高崎市
「お洒落ディナーを楽しめるグルメスポット」で紹介。GFEST.の会場と同じく高崎駅の東口側にあり、都内のお洒落カフェのような佇まいです。群馬では唯一のタイ料理とフレンチの掛け合わせは感動の連続を味わえること間違いなし!
[所在地]高崎市東町28 コーポラス高崎101号
[営業時間]11:30〜15:00/18:00〜22:00
[定休日]日曜、月曜
[掲載号]vol.34(2023年11月25日)

本場フランスのミシュラン獲得店で修行したシェフが手がける、タイ×フレンチの創作料理。

hitoritoiro.cafe(ヒトリトイロカフェ)|安中市
「ロケーションの宝庫・安中市」で紹介。オーナー自身の地元・磯部温泉を活気づけたいという思いから温泉街にオープン。輸出用のコンテナを再利用した店舗では、カラフルな見栄えで人気のユニコーンベーグルやクラフトジンジャエール、秋間梅林の梅を使った梅ソーダを味わえます。
[所在地]安中市磯部1-165-1
[営業時間][月・金]10:00〜17:00、[土・日]9:00〜18:00
[定休日]火曜、水曜、木曜
[掲載号]vol.24(2021年8月25日)

輸出用コンテナをリノベーションして造られた、磯部温泉街に佇む独創的なカフェ。

TWISTED BREW(ツイステッドブリュー)|安中市
こちらも「ロケーションの宝庫・安中市」で紹介。ポートランドのコーヒー店のようなお店で、現地のホストファミリー直伝の焼き菓子やケーキ類を楽しめます。中でもシナモンロールはマストで押さえたい逸品。ハンドブリューで淹れるコーヒーと合わせてどうぞ!
[所在地]安中市板鼻605-11
[営業時間]9:00〜17:00
[定休日]水曜ほか(Instagram参照)
[掲載号]vol.24(2021年8月25日)

安中の隠れ家。アメリカナイズされた空間で自由気ままに楽しめるカフェ。

Cafe Federal(カフェフェデラル)|前橋市
「旅気分を味わえるカフェ」で紹介。本場で修行を積んだシェフとバリスタが営むOZカフェ。モーニングとランチのみの営業ながら客足は絶えません。「本当に美味しいものを届けたい」という想いから、コーヒーはオーストラリアで出会い衝撃を受けたという豆を使用。
[所在地]前橋市城東町2-10-1
[営業時間]9:00~15:00
[定休日]金曜
[掲載号]vol.28(2022年8月25日)

オーストラリアで修行を積んだシェフとバリスタのこだわりOZスタイルカフェ。

PISMO CAFE(ピズモカフェ)|前橋市
こちらも「旅気分を味わえるカフェ」で紹介。海外のビーチカフェを彷彿とさせるカフェ&ダイナーで、粗挽きのハンバーグなどの肉料理が人気。時間帯によって表情を変える倉庫ならではの店内を楽しんで!
[所在地]前橋市元総社町634-1
[営業時間]11:00~22:00
[定休日]水曜
[掲載号]vol.28(2022年8月25日)

築50年の板金工場をセルフリノベーション。開放的な空間でこだわりの上州牛ハンバーグを!

YAMATOYA COFFEE 32(ヤマトヤコーヒー32)|前橋市
「人々が集う新名所」で紹介。高崎の老舗珈琲店「大和屋」が手がけている群馬県庁32階のコーヒースタンド。ハンドドリップコーヒーや県産食材の軽食やスイーツなど、県庁からの絶景を眺めながら至福の珈琲時間を楽しんでみて!
[所在地]前橋市大手町1-1-1群馬県庁32F
[営業時間]9:00〜19:00
[定休日]無休(庁舎閉館日を除く)
[掲載号]vol.30(2023年2月25日)

群馬を一望!老舗珈琲店「大和屋」が手掛けるコーヒースタンド。

Analog(アナログ)|伊勢崎市
「群馬のラーメン巡り」で訪れ、無添加の鶏白湯にこだわったというとりそばを紹介しました。店主の好きが高じて提供している本格的なタイ料理もおすすめ。アンティークに囲まれ、ノスタルジックな雰囲気の中でラーメンをすする至福のひと時をぜひ!
[所在地]伊勢崎市三光町16-1
[営業時間]11:00~14:30/15:30~22:00
[定休日]不定休(Instagram参照)
[掲載号]vol.31(2023年5月25日)

アンティークショップのような空間で味わう絶品とりそば&タイ料理。

アリオンダス|玉村町
「過去と現在、歴史を繋ぐ玉村町」で紹介。本場仕込みのシェフが腕を振るう、玉村町のスペインレストラン&バル。味わえるのは日本人の味覚に合わせたメニューたち。エスパニョールな香りに誘われて、まさに気分はスペイン旅行。
[所在地]佐波郡玉村町角渕4338-5
[営業時間]12:00~14:00(ランチ営業はコース料理のみで完全予約制)/ 17:30~22:00
[定休日]第1・3月曜、火曜(5月のみ不定期。詳細はSNSで要確認)
[掲載号]vol.26(2022年2月25日)

本場仕込みのシェフが腕を振るう、スペインレストラン&バル。

めん処酒家 咲はる|玉村町
「群馬のラーメン巡り」で訪れ、つけ麺を紹介しました。一見すると町の洋食屋さん。昼は女性一人でも立ち寄れるラーメン店、夜は気軽にお酒を楽しめる居酒屋。大ぶりのチャーシューや極太のメンマなどボリューム満点。
[所在地]佐波郡玉村町下新田594
[営業時間]11:00~14:30/17:00~21:30
[定休日]木曜
[掲載号]vol.31(2023年5月25日)

女性一人でも入りやすいのが魅力。昼はラーメン屋、夜は居酒屋。

2. やっぱり古着はディグるのが楽しいファッション編

ΛWORD.(アワード)|高崎市
「群馬の古着屋巡り」で紹介。ドメスティックやインポートもののブランド古着を取り扱うショップ。ボーダーレスなラインナップなので、型にはまらないスタイリングが可能。アーカイブされたアイテムの中には、手に入らないレア物も。
[所在地]高崎市砂賀町22
[営業時間]11:00~19:00
[定休日]水曜
[掲載号]vol.32(2023年8月25日)

一着に思いを巡らせる。スタイリングのスペシャリストが営むブランド古着店。

encounter(エンカウンター)|前橋市
こちらも「群馬の古着屋巡り」で紹介。音楽・カルチャー・アーティストをテーマに、デザインや質にこだわってセレクトした選りすぐりのVintage、Usedアイテムを展開。メンズ、レディース問わず音楽とリンクしたファッションを楽しめる。
[所在地]前橋市本町2-1-8天元第二ビル
[営業時間]12:00~20:00
[定休日]水曜、木曜
[掲載号]vol.32(2023年8月25日)

音楽とカルチャーがテーマ。こだわりのVintage/Usedアイテムが揃うアパレルショップ。

PUREHELL(ピュアヘル)|桐生市
同じく「群馬の古着屋巡り」で紹介。メンズ・レディース問わず、トレンドを押さえたものからレギュラーアイテムまで幅広く揃う。風合いやサイズ感など古着ならではのコーディネートを楽しめるセレクトが魅力です。
[所在地]桐生市末広町5-22小野田ビル1F
[営業時間]14:00〜18:00
[定休日]不定休(Instagram参照)
[掲載号]vol.32(2023年8月25日)

モノがありふれている時代に古着の楽しさを再認識させてくれるショップ。

3. 歴史に触れる和のロケーションが魅力のトリップ編

玉村八幡宮|玉村町
「過去と現在、歴史を繋ぐ玉村町」で紹介。国指定重要文化財である趣深い本殿は一見の価値あり。人形供養(人形感謝祭)を毎月執り行っている全国的にも珍しい神社。きらめく水面に花を浮かべた花手水はフォトスポットとしても人気。
[所在地]佐波郡玉村町下新田1
[営業時間]9:00〜17:00(社務所)
[定休日]無休
[掲載号]vol.26(2022年2月25日)

室町時代の建築様式を現代に遺し、国の重要文化財に指定される玉村八幡宮。

国指定名勝 楽山園|甘楽町
「史跡や文化財が多く残る甘楽町」で紹介。小幡藩二万石の藩邸に付属する県内唯一の大名庭園。「まつり/藤井風」のミュージックビデオでも利用され話題に。四季折々の景色を眺め、タイムスリップ気分を味わってみて。
[所在地]甘楽郡甘楽町小幡648-2
[営業時間]3月〜10月/9:00〜17:00(入園は16:30まで)、11月〜2月/9:00〜16:00(入園は15:30まで)
[定休日]年末・年始(台風や大雪の際に臨時休業の場合あり)
[掲載号]vol.27(2022年5月25日)

心安らぐ庭園で、時空を超える。

4. 次は皆さんからのアイデアが誌面になるかも?

いかがでしたか?毎号、発行後にはロケ地巡りをしていただけるファンの方も多く、取材先から反響の声をよく耳にします。これまでも読者の皆さんからいただく要望や群馬ネタを元に、編集部でもリサーチをして様々なスポットを紹介しています。ハヤペディアで取り上げて欲しい内容は、県内外在住に問わず群馬びいきなネタであればどんなことでも構いません。随時応募を受け付けていますので、コチラよりお願いします!

颯くんの所属する「Da-iCE」。昨年10月に群馬で行われた「GFEST.」のライブも最高でしたよね(一緒に行った友人にもDa-iCEの魅力が伝わったみたいで良かった!)。1月15日(月)には武道館ライブも控えているのだそう。編集部一同、群馬から大成功を願っていますよー!

同じエリアのおすすめ記事はこちら
コーヒーが美味しいカフェ&専門店9選。
カフェ&専門店の美味しいスイーツ9選①。

▼クレジット
撮影/三木康史(troisdesign)、いのけいすけ
文/佐々木覆(troisdesign)

※motto+の記事を一部転載しています。 
※掲載情報は取材時と変更になっている場合もあります。最新の情報は公式HP・SNS等にてご確認ください。

【群馬県】Da-iCE和田颯のハヤペディアで巡ったスポットまとめ。

  •  x
  • instagram
  • facebook
  • youtube