TRIP

【渋川市】とことん贅沢に過ごす、至福のグランピングリゾート。

こんにちは!motto編集部のオオウ(@ounco_coverdeath)です。突然ですが、皆さんはキャンプは好きですか?筆者は、小さい頃からボーイスカウトをやっていたのでアウトドアが大好きです(近年は釣りばっかりしていますが)。キャンプに興味はあるけれど、アウトドアすぎるのは抵抗があるという方におすすめしたいのがグランピングです。そこで今回はグランピングリゾート『Blissful Garden(ブリスフルガーデン)』をご紹介したいと思います。ブームから定番となったグランピングに再注目してみると、継続して人気の理由が見えてきました!まだ足を運んだことがない人はぜひCHECKしてみて!

1. 関東平野を一望できるグランピング施設

2022年に渋川市北橘町にオープンしたグランピング施設『Blissful Garden』。標高200mのロケーションが織りなす絶景は、関東平野のパノラマを一望でき、時間帯によって様々な表情を見せてくれます。

コロナ禍でのキャンプブームもあり、アウトドアを身近に感じるようになった方も多いのではないでしょうか。グランピングを謳う宿泊施設の数は全国で353ヵ所(一般社団法人全国グランピング協会・2020年)とのことで、2024年現在はさらに増えていそうですよね。そもそも、一般社団法人日本グランピング協会によると、「グランピングとは、「Glamorous(グラマラス:魅惑的な)とCamping(キャンピング:野営)を掛け合わせた造語で、テント設営や食事の準備などの煩わしさから旅行者を解放した“良い所取りの自然体験”に与えられた名称」なんだそう。

定番となったグランピングは、サービスが充実していたり、個性的な施設も多いので、快適かつ贅沢にアウトドアを楽しんでみたいという方やデジタルデトックス、日常から離れゆったり過ごしたいという方にはぴったりなんです。

2. ポーランド製のドームテントは見映えと快適性を兼備

『Blissful Garden』も、日々の喧騒から離れて、至福のひと時を味わえるスポット。場内に並ぶテントルームは全5種類で山をイメージした3棟、海をイメージした5棟の計8棟。写真にも映える丸っとしたデザインが可愛いらしいテントは、すべてポーランド製のブランド「F.domes」のもの。

また、『Blissful Garden』では、プライベートグランピングを叶えてくれるオールインクルーシブなので、ビギナーがアウトドアで感じる煩わしい部分を解消してくれます。テントルーム内では、Wi-Fi、冷蔵庫、冷暖房を完備。ベッドも用意されているので、ホテルの一室同様に寛ぎ空間になっています。『Blissful Garden』で選べる部屋のタイプは下記の通り。

Luxury Tent|5mドームテント
少人数向けながら高い天井が開放感を演出してくれる室内。
[定員]1~2名
[広さ]20㎡
[ベッド数]シングル2台
[部屋名]モアナ、ハーヴ

Standard Large|7mドームテント
グループ向けの広々空間で大きめソファに座り絶景を堪能。
[定員]3~6名
[広さ]40㎡
[ベッド数]シングル4台
[部屋名]ロシェ、ロカ

Luxury Large|7mドームテント
一番人気の「オーシャン」を擁し、人数問わず過ごせる贅沢空間。
[定員]3~6名
[広さ]40㎡
[ベッド数]シングル4台
[部屋名]オーシャン、バハル

Premium|5mドームテント
パノラマビューをひとり占めできるプライベートルーム。
[定員]1~2名
[広さ]20㎡
[ベッド数]シングル2台
[部屋名]グラン

Pet Large|7mドームテント
愛犬とともに過ごせる1日1組限定のスペシャル空間。
[定員]3~6名
[広さ]40㎡
[ベッド数]シングル4台
[部屋名]オハナ

開放的でありながら快適性を味わえるため、カップル、ファミリー、ペット連れ、女性グループ、男性グループ、とシーンに応じてテントルームを選べるのも嬉しいですよね。

3. 群馬の自然の恵みをふんだんに盛り込んだBBQ

『Blissful Garden』は、オールインクルーシブなので、もちろん夕食と朝食も含まれています。空気が美味しい群馬県。グランピングともなれば、夕食はやっぱりBBQですよね。

食材にこだわっているというBBQは、群馬県産ブランド高級豚でもある、ほそやの「まる豚」や群馬県産黒毛和牛のサーロインや旬の野菜をふんだんに使った地産地消の恵みを堪能できます。

ほそやの「まる豚」は、あっさりとした脂身に感じる甘みが特徴。安心安全な美味しさを追求するため、豚にストレス負荷をかけないよう徹底した飼育管理で手間を惜しまないのだそう。

きめ細やかなサシが入った、高級店でも提供される黒毛和牛のサーロイン。舌の上でとろける脂は、上品な甘みを感じることができ、赤ワインを合わせたくなります。

野菜もその日の採れたてを使うなど、群馬の美味が詰まっています。季節や仕入れ状況によりラインナップは一部変更がありますが、空腹を満たしてくれること間違いなしの贅沢ボリュームです。15:00〜20:30まで飲み放題(アルコール類含む)が付いているのも嬉しいポイント。時間に追われることなく、のんびりお酒も楽しめます。

夕食|16:00~20:00
・ほそやの「まる豚」
・黒毛和牛サーロイン(群馬県産を含む)
・シーフード
・地元野菜のいろどりバーニャカウダー
・エビとブロッコリーのアヒージョ
・季節のグリル野菜
・至福のデザート
・ライス(おかわり自由)
※テント横のBBQルームを使用可。
※15:00〜20:30まで飲み放題付き(アルコール類含む)。

また、朝食は群馬県の食材を活かしたこだわりのホットサンド。サイドには季節のサラダやコーンスープ、ヨーグルト、なども並びます。

朝食|7:00~8:30
・ホットサンド
・コーンスープ
・ヨーグルト
・フルーツ
・季節のサラダ
※7:00〜8:30まで飲み放題付き(ソフトドリンク)。

お食事すらもラグジュアリーなひと時を演出してくれるので、大切な人との特別な日の利用にも良さそうですね!

POINT

空き状況によっては、日帰りBBQの利用も可能とのことなので、気になる方はTELで確認してみて!

4. 新感覚のグランピングを味わえるのは『Blissful Garden』だけ!

『Blissful Garden』の魅力はまだあります!オールインクルーシブには、隣接する温泉施設「ばんどうのゆ」の温泉パスポート(宿泊時の営業時間内であれば出入り可能)まで含まれているんです。「ばんどうのゆ」の泉質分類はナトリウム、カルシウム、塩化物温泉で、筋肉痛、消化器病や冷え性などに効能があります。何かとダメージを受ける夏の疲れを癒してくれますよ!また、大浴場は露天風呂に加え、なんとサウナも完備!

時間帯によって様々な表情を演出する人工雲海。澄んだ空気に煌めく満天の星や幻想的な夕景。立地柄、絶景を拝めるのもここだけ。また、夜にはプロジェクター放映や焚き火など、自由に時間を使えるのが嬉しい。ワイワイ騒ぐだけじゃなく、天候に左右されずにゆったり寛げるのがグランピングの醍醐味です!

オーナーの竹内さんに伺ったところ、「近郊で花火大会がある際には、部屋が特等席になるからおすすめですよ!」とのこと。確かに、まちを一望できるここだけの特権ですよね。また、季節によって装飾が変わったり、不定期でイベントも開催しているのだそう。最新情報はInstagram(@blissful_garden2022)をチェックしてみて!

都心から約2時間、前橋の中心市街地からも20分程度という好アクセスというところもポイント高いですよね。YouTube、TikTok、TVの撮影依頼が多いのも納得。

伊香保温泉街や赤城山へにも近いので、前後で足を運んでみるのも良さそう。色んな楽しみ方ができそうなグランピング。日々の喧騒から離れて、贅沢な癒しの時間を過ごしてみては?

同じエリアのおすすめ記事はこちら
親子で隠れた名作に出会える街の小さな映画館。
城下町の風情が香るカフェで、極上のスペシャルティコーヒーを味わう。

▼クレジット
撮影/三木康史(troisdesign)
写真提供/Blissful Garden
文/佐々木覆(troisdesign)

※motto vol.35「Da-iCE和田颯のハヤペディア」の記事を一部転載しています。 
※掲載情報は取材時と変更になっている場合もあります。最新の情報は公式HP・SNS等にてご確認ください。

Blissful Garden

[所在地]
渋川市北橘町下箱田605-5
[TEL]
0279-26-9595
[営業時間]
チェックイン15:00〜、チェックアウト〜10:00
  •  x
  • instagram
  • facebook
  • youtube